制作事例

WORKS

門信徒さまと新たなるご縁づくりを

西敬寺 様

西敬寺 様の画像

背景

長野県長野市にある浄土真宗本願寺派 田野山 西敬寺(さいきょうじ)さま。その歴史は鎌倉時代に始まり、信州の地にその教えと歴史を伝えております。

第22世住職 木賣 慈教(きうり じきょう)さんは歴史を大切にしつつ、現代に求められる門信徒さまとの新たなご縁づくりをめざしていらっしゃいます。各種法座・講演会にも出講され、地域社会にも貢献されています。

令和元年には開基684年、寺号公称557年、寺基移転319年を掲げつつ新本堂落慶奉告法要が厳修(ごんしゅ)されます。

この法要に合せて記念品を入れる手提げ袋のご依頼をいただきました。手提袋は通年執り行われる各種法事にも利用されます。

 

コンセプト

西敬寺さまの「西」をモチーフにさせていただきました。「西」という字は西方浄土と西敬寺を開基された西敬坊道栄法師にもつながり、とても深い意味があります。漢字の構成は垂直平行性を持ち合わせており、新本堂のモダンなデザインとの調和を図れることにも着目いたしました。シンプルなものがお好きという住職の感性も取り入れ、余計なものを極力除いてモダンに仕上げました。

 

例えば、この手提げ袋に故人の好きだったものを入れて皆が静かに思いを寄せる。

一人ひとりの物語と思いを、日々のご縁の中で丁寧に紡いでいかれる住職御夫妻がとても清々しく見えます。

 

 

 

仕様

西敬寺 様の画像2
  • 原 紙
  • 片艶晒クラフト100g/m2
  • 印 刷
  • オフセット1色
  • 持ち手
  • 紙単紙
  • 寸 法
  • 高450×幅320×マチ110
  • 数 量
  • 1,000袋