手提げ袋をつくる

FLOW

手提げ袋の仕様

STEP 1
お問合せ
- 一期一会 -

「興味はあるけど、何を相談したらいいかわからない」
手提屋では「ネットで検索」できないことを大切にします。
皆様の会社への思い、道のり、夢、地域との関わり、
それぞれの世界で活動されている皆さまのお話をぜひお聞かせください。
新しいご縁ができますことを楽しみにしています。

メール
contact@tesageya.net
WEBフォーム
お問い合わせ
フリーダイヤル(9:00〜17:00 / 土日祝祭日 定休)
0120-358-296
Facebookページ
https://www.facebook.com/tesageya/

※お問い合わせ後、2営業日以上連絡がない場合は通信障害の可能性がございますので、恐れ入りますが電話にてご一報頂きますようお願い申し上げます。

STEP 2
お打合せ
ー共有と共感ー

「なんだかよさそう!もっと話をしたい」
会話の中にはアイディアやひらめきに導くヒントがあります。
手提袋に入れる内容物、どんな方々にお渡しするのか、その後の使われ方、
お客様との関係づくりを考えながら手提げ袋にストーリーを持たせます。
手提げ袋制作のご意向が固まりましたら紙の専門家と専属デザイナーが
イメージ・紙質・持ち手、そして予算など具体的な検討に入ります。

STEP 3
デザイン・試作製作
-イメージの構築-

「よし!作ってみよう!」
できるだけ本製作と同じ紙を用い、印刷して、原寸大で製作します。
対面お打合せの利点は実際に手に取ってサイズ感、強度、素材感の
イメージを確認できることです。
「ネットで選択の連続...そのうえ実物はイメージと違った」
というような一方通行なやり方ではなく、
ご依頼主様がご納得いくまでお打合せさせていただきます。
(ここで最終御見積、お取引の諸条件についてご説明をさせていただきます。)

STEP 4
本製作
-責任の共有-

「出来るのが待ち遠しい」
本製作は業界シェアトップクラスの提携メーカーが担当しています。弊社とは半世紀以上の取引実績があり、よりよい製品づくりの共同検討会も行っています。メーカーと責任を共有し、品質保持と納期管理を行ってまいります。基本納期は入稿後約1ヵ月です。ただし、お盆や年末は込み合いますのでそれぞれ締め切りがございます。お打合せの際にスケジュールについても確認をさせていただきます。

STEP 5
完成
-旅する手提袋-

「早く使ってみたい!」
ついに世界にひとつだけの手提げ袋が出来上がりました。
オリジナルツールがあると、お店もサービスも信頼性が高まりブランディング効果抜群です。
素敵な手提げ袋はお客様のサブバックとして、または身近な方へプレゼントを入れて
人から人へ持ち歩かれていきます。 

STEP 6
アフターサービス
-末永いおつきあいを-

手提げ袋の評価や使い心地、お客様の反応などをぜひお聞かせください。
出来上がったけれど店舗に置き場所がないという場合は無料で当社倉庫でお預かりすることができます。在庫を確認しながら都度配達することも可能です。
手提屋は末永く、皆さまとともに歩んでまいりたいと願っています。
(保管と配達は対象地域や頻度など制約がございます。)