制作事例

WORKS

お客様=地域のみなさまと歩む手提げ袋

株式会社アスピア 様

株式会社アスピア 様の画像

背景

株式会社アスピア様は昭和36年3月に株式会社松本岡谷組として誕生されました。

地域社会に根ざした確実かつ誠実な経営を基本とされ、確かな成長を遂げていらっしゃいます。事業活動としては「建築」を主体とし、「土木」、個人住宅「三井ホーム」「アスピアの家」、「エステート」の5つの事業を大きな柱とされています。

そして、2001年4月に社名を株式会社アスピアとし、「ひとに優しい未来をつくる」を企業メッセージに掲げられ、街の人と自然が調和し、そこに暮らす人が輝き、夢に満ちあふれた未来をつくるべく、歩み続けていらっしゃいます。

2021年には創立60周年、アスピアとして20周年を迎えられることを機に手提げ袋制作のご依頼をいただきました。手提げ袋は企業色を控えめにして、どなたが持っても馴染み、繰り返し使われ、街に溶け込むものがよいとのご要望を伺いました。

フォーマルからカジュアルまで、アスピア様のロゴマークのイメージを活かしながら抑制をきかせたデザインを提案させていただきました。アスピア様では社員のみなさまで意見交換と投票が行われました。紙袋で盛り上がっていただけるとはとても嬉しいことです。

そして、契約などのフォーマルな場面、日常営業でお客様とのコミュニケーションの場面、そして就職ガイダンス、それぞれのシーンに合った手提げ袋を選定していただきました。

コンセプト

可愛い建物が描かれているメルヘンの世界、街と企業様が楽しくグッと近づいています。

半晒しの紙が優しいイメージ、カジュアルに使用出来ます。

 

原 紙|半晒クラフト100g/m2

印 刷|オフセット4色

持ち手|紙3本 未晒

寸 法|高330×幅280×マチ60

数 量|100袋 

 

 

紙袋の3兄弟です。空に向かって突き抜けるマークは、アスピアカラー3種の色の持つメッセージを発信しています。マチ部分は外壁のように堅牢な印象に。用途によって使い分ける事が可能です。

 

原 紙|片艶晒クラフト100g/m2

印 刷|オフセット4色+ニス

持ち手|ワックスコード(色)

寸 法|高330×幅280×マチ120/高420×幅320×マチ120

数 量|300袋/100袋

 

 

アスピア ・パターンを上部に配置しました、メッセージが静かにおりて行きます。パターンは繋ぎ目がなく、本来の形を保ち袋を包み込んでいます。持ち手は強度が高いものを、紙袋はアスピア様の印象そのものです。フォーマルなシーンで使用します。

 

原 紙|片艶晒クラフト120g/m2

印 刷|オフセット4色+ニス

持ち手|ハッピータック(白)

寸 法|高420×幅320×マチ120

数 量|300袋

 

 

撮影場所|松本市美術館 http://matsumoto-artmuse.jp/