ウラカタ日記

BLOG

お魚屋さん

昔懐かしい紙、油紙で仕上げた亀甲袋のご紹介です。

水が弾かれる素材、油紙の色、この紙を知っていなくても、なぜか懐古的な心情になる紙です。

そんな紙袋がふさわしい場所を、今日は訪問させて頂きました。

横沢町の清滝商店  魚屋 きよたき様、ご存知の方多いと思います。

お夕飯の準備でお魚を、ちょっと会話を楽しんで、たくさんのお客様がおみえです、不思議な事に、お客様がかちあってしまう事が無い店内。

社長は「これ 昔使ってたな〜」と。

お嫁さんは社長を「一番 働いてます」と。

以前、弊社が東町に構えていた事も覚えて下さってました。

お忙しいところ、突然の撮影のお願いを快く受け入れて下さって、本当にありがとうございました。

 

秋刀魚を扱う 社長の優しい手の動き 印象的でした

手書きの値札に〝 明日食べて下さい 〟と粕漬けを 次の日いただきます

永く愛されて来たお魚屋さんを後に 楽しみはまだ続きます

 

 

 

NEW

CATEGORY

ARCHIVE