制作事例

WORKS

人と自然の共存

松本土建株式会社 様

松本土建株式会社 様の画像

背景

松本土建株式会社様は明治30年の創業以来、

信州松本市において土木・建築を中心に長い歴史を歩んで来られました。

生活基盤となる道路、橋、ダム、トンネル、そして公共施設の建設。

貫いてきたことは「地域社会に対する感謝の気持ち」です。

それは事業にとどまらず積極的な社会貢献活動でも表されています。

河川の清掃ならびに、地域のこども達が遊べる環境づくり。

そして建設業ならではの力が活かせる災害ボランティアを実践されています。

今回はサンプルや資料を入れるため、業務ツールとして手提げ袋のご相談をいただきました。

 

コンセプト

松本土建株式会社様のロゴマークを正面に配置致しました。

土・建の2文字が入っているマークを半分に配置、紙袋をもう一つ横に置きますと本来のコーポレートマークが浮かび上がります。

列を整え・並ぶという行為、もう一件・もう一つ笑顔が増える、大・小サイズの紙袋がその場面を捉えます。

マチは欧文の企業名をあえて縦に、親しみのある印象が残ります。

手書きの力強さ・美しさを持つロゴマークだけで、お客様の思いを伝える事が出来ています。

 

仕様

松本土建株式会社 様の画像2
  • 原 紙
  • 片艶晒クラフト120g/㎡
  • 印 刷
  • オフセット1色+マットフィルム
  • 持ち手
  • アクリルスピンドル 花紺
  • 寸 法
  • 大=高450×幅350×マチ110mm 小=高320×幅250×マチ145mm
  • 数 量
  • 大=500袋 小=500袋